ホーム >> 黒ずみの原因とは?

妊娠や出産、加齢による黒ずみ以外の原因のほとんどは、ムダ毛の処理や衣類の摩擦などの、外部からの刺激による防衛反応からメラニン色素が過剰に分泌されることで起きるものです。
それはいわゆる色素沈着による黒ずみが原因なのです。

その中でも特に、陰部やビキニラインのデリケートゾーン部分は、まぶたよりも皮膚が薄く、ダメージを受けやすいため他の部位に比べて最も黒ずみやすい部位なのです。

デリケートゾーン(VIOライン)は、下着やショーツによる摩擦や刺激が毎日、積み重なることで黒ずみになります。
下着のゴムの部分が毎日あたる『腰回り』や、『脚の付け根(Vライン)』などは黒ずみになっている方も多く、その原因のほとんどは下着による摩擦や刺激の積み重ねが原因でできた黒ずみです。
せまいショーツや下着のゴムで圧迫された皮膚は、外部から過度な刺激を受けていると思い、肌を守ろうとします。

そのため、黒ずみの原因であるメラニンの生成を活発にし、肌が赤くなって表面に表れます。
肌は締め付けや摩擦など、外部からダメージを受けると、肌細胞(メラノサイト)から、メラニン生成を活発にし、肌を守ろうとするのです。

メラニン生成の原因となる肌の摩擦や締め付けを、ほとんどの方が無意識に繰り返し起こしているので、自然とメラニンの生成がさらに活発になり、肌のターンオーバー(新陳代謝)が狂い乱れ、徐々に肌に黒ずみとなって表れます。

また、年齢による黒ずみも軽視できません。30代になると黒ずみやすくなるとも言われています。
肌の刺激や、妊娠の他に、加齢によって血行や代謝も衰え、肌が黒ずみやすくなってしまうのです。

部位によって若干、異なりますが、通常の肌は約28日周期で細胞が生まれ変わります。
それが、30代あたりから肌の周期(ターンオーバー)が徐々に遅れ始め、50代では2~3週間ほど遅れてきます。

30代を超えて、黒ずみが悪化したりするのはこのためで、デリケートゾーンだけでなく、他の部位も黒ずみが徐々に悪化してきます。

このことから、デリケートゾーンの黒ずみの対策やケアは、『摩擦による刺激や乾燥から皮膚を守ること』、『肌のメラニン色素の生成を正常化すること』、さらに年齢とともに遅れがちな『新陳代謝の周期を整えること』など、肌の外部からのケアだけでなく、身体内部からのケアも必要なのです。

リポソーム化「美白」
エッセンス配合
ヴィエルホワイト
最先端のバイオ技術が
卵殻膜の酵素LOXを発見
ココピュア
40種の美容成分をたっぷり配合!
ホスピピュア
3つの植物幹細胞由来の
潤い成分をたっぷり配合!
ホワイトラグジュアリー
100万人が絶賛・感動の
オールインワンゲル
イビサクリーム
ユーグレナ(ミドリムシ)配合の
オールインワンゲル
ピューレパール

インフォメーション